高血圧 症状

MENU

高血圧の症状とは?合併症などの危険性など

高血圧 画像

高血圧とは、日本高血圧学会が作成した
ガイドラインによると
・収縮期血圧(上の血圧)が140mmHG以上
・拡張期血圧(下の血圧)が90mmHG以上
上記の状態であることを言います。

 

理想的な血圧は
・収縮期血圧(上の血圧)が120mmHG未満
・拡張期血圧(舌の血圧)が80mmHG未満

 

であると言われています。

 

 

2つの高血圧の種類

 

高血圧には「二次性高血圧」「本能性高血圧」の2種類があります。

 

二次性高血圧は、脳血管障害、慢性腎炎や脳腫瘍などの病気から
起こるものなので、続発性高血圧とも呼ばれています。

 

妊娠中毒症、動脈に関する先天性疾患から起こる高血圧も、
二児高血圧の分類されます。

 

 

本能性高血圧は、原因が見当たらない場合で起こった高血圧です。
全体の9割以上が本能性高血圧だと言われており、
はっきりとした原因が解明されていません。

 

食事やストレス、運動などのあらゆる要素が関わって高血圧が
引き起こされていると考えられている症状です。

 

 

自覚症状の有無

 

高血圧は、基本的に自覚症状がありません

 

そのため高血圧は放置されやすく、健康診断などで血圧が高めだと
言われても気づかない危険性があります。

 

考えられる自覚症状としては、血流が悪くなっているせいで
不快感や体調不良を感じる場合、高血圧のサインとなります。

 

めまい、肩こり、頭痛、耳鳴りなどの症状が考えられます。

 

しかし、上記の症状が必ず原因であるという事ではないため、
日頃からの血圧のチェックや健康診断を受けたりすることで
自己管理を行うことが重要です。

 

 

合併症を引き起こす可能性と危険性

 

高血圧は、恐ろしい事に合併症を引き起こす可能性が高く、
危険な症状であるといえます。

 

自覚することが難しく、放置されたままの高血圧状態によって
心臓が圧力に耐えるために肥大化、あるいは硬化してしまいます。

 

そうして起こるのが動脈硬化。
大動脈瘤破裂や心筋梗塞など、生命に大きく関わる重大な疾患を
引き起こす要因となります。

 

先にお話したとおり自覚症状が無いことから、
ある日突然重篤な症状が現れるため、高血圧はサイレントキラー
呼ばれています。

 

引き起こしやすい合併症

 

脳に起こる症状

 

高血圧になると。動脈が脆く、硬くなります(動脈硬化)
症状が進むと、脳卒中が起こる可能性があります。

 

脳卒中の種類として、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、
一過性脳虚血発作と4種類あり、どれも命を脅かす危険な疾患です。

 

 

心臓に起こる症状

 

高血圧が長く続くと、心臓の筋肉が分厚くなってきます。
それにより心臓が大きくなることを心肥大といいます。
この状態が続いてしまうと、血液を送り出す機能が弱くなり、
心不全になってしまうのです。

 

冠状動脈の硬化が進んでいくと、血流が途絶え詰まってしまうので、
心筋梗塞や狭心症を引き起こしてしまいます。

 

 

目に起こる症状

 

目にも血液は循環しています。
網膜の動脈硬化が進行してしまうと、網膜内が出血したり
白斑が現れたりします。
症状が進行してしまうと、眼底出血や視力障害を引き起こす
可能性があり、最悪の場合は失明にまで至ります。

 

 

腎臓に起こる症状

 

腎不全も、起こる可能性のある症状の1つです。
肝臓が動脈硬化に侵されると、肝機能の低下を引き起こします。
腎臓の細動脈が硬化することで腎不全がおこり、
腎臓がかたまってしまうので、心不全になる可能性も上がります。

 

関連ページ

高血圧の原因とは?血圧が上昇する原因は?
どうして高血圧になってしまうのか?具体的な高血圧の原因についてご紹介しています。
高血圧の予防・改善するために出来る事をしましょう
命の危機につながるリスクもある高血圧を、あらかじめ予防・改善することは可能か?高血圧の予防や改善についておすすめの方法をご紹介しています。
高血圧の改善・予防のために摂るべき成分とは?
高血圧を予防し改善するためには有効成分の摂取が欠かせません。高血圧予防や改善に良い成分とは何なのでしょうか?