高血圧 対策

MENU

高血圧の原因とは?血圧が上昇する原因は?

高血圧 画像

高血圧とはどのような状態になり、何故起きて
しまうのでしょうか。

 

日本国内だけでも約3500人以上の方が高血圧症に
悩まされています。
また、40代以上の4人に1人は血圧が高いという
結果が出ています。

 

 

高血圧とは何か?

 

高血圧は、血管内での血液の圧力が高い状態をいいます。

 

高血圧は自覚症状が殆ど無いため、放置されやすいと
言われています。

 

あらゆる合併症を起こしやすいのも特徴的で、三大死亡原因である、
心疾患(心不全など)
脳血管疾患(脳梗塞など)
上記に深く関わりがある症状のため、大変危険なものになります。

 

気がついた時には重大な病気を引き起こしていることも多く、
手遅れになりがちのため「サイレントキラー」と呼ばれるほどです。

 

 

高血圧の原因を探る

 

高血圧の直接的な原因は殆ど解明されておらず、
遺伝による体質や生活習慣が深く関わっていることだけ
わかってきています。

 

血圧を上げる要因になる危険分子について
簡単に説明をさせて頂ければと思います。

 

塩分を摂り過ぎ

 

塩分の摂り過ぎは血圧を高くすることが分かっています。
高血圧を避けるためには味付けの濃い食事などは
控えるようにといわれています。

 

塩分が高血圧に繋がる理由は、まだはっきりと解明されておらず
今もなお研究が進められています。

 

塩分(ナトリウム)は、過剰に摂取してしまうと、
血管を収縮させる交感神経を緊張させてしまうと考えられています。
そのため、血圧が上昇するというわけです。

 

塩分を摂り過ぎると身体が水分を多く必要とします。
体の中で塩分の割合が増えると、濃度を薄くするために、
より多くの水分を身体が欲するのです。

 

水分を多く撮ってしまうと、体液が増えすぎて血管を広げるため、
血圧が上がってしまうと考えられています。

 

 

運動不足や肥満など

 

体をあまり動かさないために、血中に酸素が行き渡り辛くなると、
ドロドロの血液になりやすいと言われています。

 

運動を行えば、血流がよくなるため血液のドロドロ化を
予防することが出来ます。

 

肥満の場合は血液をより多く全身に送る必要があるため、
血管への負担が多くなり、血圧が上がってしまう傾向にあります。

 

 

タバコを吸う

 

タバコは、成分に含まれるニコチンが脳内嫌韓を縮ませるため、
一気に血中に酸素を送り込み血流を増やします。
そのため、血圧が上がってしまうという結果になってしまうのです。

 

 

過度のストレス

 

ストレスを受けると高血圧が悪化するといわれています。

 

ストレスを感じるとホルモンの分泌が悪くなったり、
ナトリウムの排出が低下してしまうため血管を縮めやすくなり、
結果的に心拍数があがり、血流が滞りやすくなります。

 

 

遺伝

 

親の遺伝などの影響で、若いうちから血圧が高くなる事もあります。

 

両親が高血圧の場合5割、どちらかの親が高血圧の場合で
約2〜3割が高血圧になると言われています。

 

血圧が上がりやすいという体質の遺伝のため、
高血圧という症状そのものが遺伝するわけではありません。

 

そのため、食事・運動などその他の危険因子を排除すれば
十分に対策することができます

 

 

その他

 

高齢者は高血圧になりやすく、60歳以上の方で約6割。
70歳以上の方で7割以上が高血圧の傾向にあると言われています。

 

特に血圧の値の上下に大きな差が有るため臓器の血流が減りやすく、
合併症を引き起こしてしまう可能性が上がります。

 

妊娠期間中も体の急激な変化、胎児を守るための変化によって
高血圧になりやすいです。
妊娠中毒症を引き起こしてしまったりなど、危険な状態になる
可能性が多いにあります。

 

普段は血圧に不安が無い場合でも適度な運動・食生活の改善など、
十分な注意が必要な時期といえるでしょう。

 

関連ページ

高血圧の症状とは?合併症などの危険性など
そもそも、一体高血圧どはどんな症状のことを言うのか?高血圧の症状についていろいろとご紹介しています。
高血圧の予防・改善するために出来る事をしましょう
命の危機につながるリスクもある高血圧を、あらかじめ予防・改善することは可能か?高血圧の予防や改善についておすすめの方法をご紹介しています。
高血圧の改善・予防のために摂るべき成分とは?
高血圧を予防し改善するためには有効成分の摂取が欠かせません。高血圧予防や改善に良い成分とは何なのでしょうか?